女性の育児と仕事の両立について

女性の育児と仕事の両立について

女性の育児と仕事の両立について 女性にとって、仕事と育児の両立はとても難しいとされている。仕事だけに関しても、特に総合職と呼ばれる職種では、転勤や残業等、男性と同じように扱われることが多い。そのため、体力等もある程度なければならない。一方育児に関しても、同様で特に小さいうちは、寝る時間、食事をする時間等、大人とは大きく異なり、いつ何があるかも想定できないため、仕事との両立はとても大変である。特に残業時間に大きな会議をすることも多く、それに出れないことで不利になることさえある。また、転勤等で夫婦が別々に住むような場合、どちらかに負荷がかかる。これらの問題をどのように解決していくかが課題となっていると思う。

私の場合、特に技術総合職とよばれる職種で男性が9割以上を占めているため、管理職と呼ばれる女性も最近出現したせいか、やはり出産と同時に退職する女性も多くみられる。仕事との両立をしていくためには、職場の同僚、上司の理解が不可欠となる。また、家庭においても、夫の協力を求めて、育休を取得してもらったり、子供が具合の悪い時は、依頼して半日休暇を相互にとるなどして、うまくとることが両立につながる。まわりの女性で、3人以上出産をした後も仕事との両立を図っている方がいるが、夫婦や同僚とのコミュニケーションの大切さを感じた。

Copyright (C)2014女性の育児と仕事の両立について.All rights reserved.